社労士ブログ

今年度注目!!「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」「人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 2019年度から「人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)」が創設されます。内容としては
①時間外労働等改善助成金の各コースを実施する
(時間外労働等改善助成金は、中小企業・小規模事業者が時間外労働の上限規制等に円滑に対応するため、生産性を高めながら労働時間の短縮等に取り組む事業主に対して助成するものとされています。時間外労働上限設定コース、勤務間インターバル導入コースおよび職場意識改善コース等があります)
https://www.mhlw.go.jp/…/koyou…/roudoukijun/jikan/index.html

このなかのお勧めは、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)になります。就業規則に勤務間インターバル(始業から終業までの間を最低9時間以上開けることを規定します。下記の費用の4分の3が助成されます。

1.就業規則変更費用(対象経費10万円まで)
2.労務管理担当者研修、従業員研修(各対象経費10万円まで)
3.コンサルティング費用(対象経費10万円まで)
4.人材確保取組費用(求人広告等)(対象経費10万円まで)
5.各種勤怠管理システム導入費用
6.生産性に向上に関する機器等

②人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)の計画申請を行う
③正社員採用後(短時間の無期雇用社員でも可)、一年定着後に支給申請を行うこととなります。一人当たり助成額60万円(短時間労働者の場合は40万円、10名まで、生産性要件を満たした場合、追加的に雇い入れた労働者一人当たり15万円(短時間労働者の場合は、10 万円))になると考えられます。
 詳しい内容はお問合せ下さい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*